MRbitの日記〜ビットコインで資産構築〜

暗号通貨やネットビジネス、副業的な話までwin-winな情報を公開出来るよう努めます

始めてから解消した不安

私がビットリージョンに登録しようと思った時は、
【そんな旨い話がある訳ない】
【登録料と寄付金だけとられるんじゃないか】
そう思いました。

そう思いながら、日利1%の魅力には勝てず(笑)
話を聞いてすぐにビットコインの取引が出来るビットフライヤーに口座を開き、急いで入金、ブロックチェーンでウォレットを作り、ビットリージョンに登録しました。


ビットリージョンは日本語サイトがないので、手探りで入金→寄付の申請まで完了させました。
ここは案外冷静で、理解しにくいながら自分で登録したのは、代行に頼むと情報を漏らすことになり危ない!という危機感があったからです。
私が登録代行は基本的にしませんと言うのはそういった理由からです。

英語が苦手、ネットのことはわからない、暗号通貨?ビットコイン?何それ?という方にはなかなか厳しいとは思いますが、そこを乗り越えると人生を変えるチャンスかもしれません(笑)

まだまだ仕組みがわかっていなかった私は、ビットリージョンのリスクとして、詐欺サイトで送金や寄付をした段階でサイトに繋がらなくなることを懸念していました。
しかも、ビットリージョンのサイトはなかなか重たい(笑)スマホから、電波の弱いところだとなかなか繋がりませんので、その度に

やっぱり騙された!!

と、思ったものです(笑)

しかし、実際に寄付の申請をしてマッチングすると、秒速でビットコインが増えていきます。
1日、2日と経過する度に確かに1%ずつビットコインが増えています。この記事を書いている間にも(笑)

よくよく考えると、ビットリージョンはよく考えられた仕組みで、寄付の申請をして持ち逃げされることはあり得ません。

ビットリージョンの仕組みが銀行に似ているという意味を遅ればせながら理解しました。
寄付することからスタートしますが、いずれ自分が寄付を受ける際、寄付をする人とマッチングして寄付を受け取ることが出来ます。
つまり、受け取る寄付の原資は寄付したい人とのマッチングから捻出されている訳です。

寄付の申請をした段階でビットリージョンに送金しなくてはいけないような仕組みであれば、持ち逃げされる可能性も考えなくてはいけませんが、ビットリージョンが行うのは単純に寄付したい人と寄付されたい人のマッチングだけです。

その時に必要となる手数料がビットリージョンの収益になります。そうであればこの仕組みが活発になればなるほど、ビットリージョンは潤う訳で、ビットコインを集めるだけ集めて持ち逃げすることはありません。そもそもビットリージョンに送金する訳ではなく、個人と個人を繋げる仲介をするだけなので、ビットリージョンには手数料以外一銭も入りません。

ビットリージョンの仕組みが破綻するとすれば、寄付したい人と寄付されたい人のバランスが大幅に崩れ、一斉にみんなが寄付される側に回った時だけだと思います。
銀行でいうなら、預金者が一斉に預金を引き出そうとした場合ですね。

大多数の人は寄付をして、ビットコインを増やすためにまた寄付をします。ですから、理論上、みんなが一斉に引き出すということはないという前提で成り立っています。

始めてみてしばらくの間は、不安ばかりでしたが、知れば知るほど良く考えられていて、長く続くコミュニティーになるんじゃないかと考えなおしました。

誰も招待せずとも一日一%のビットコイン増加だけで生活レベルがあがります…
私の場合、そこまでの余力がなかったこともあり、2BTCスタートしましたが、それでも月に4万円程度増えていました。
今の目標は最大値である30BTC(実は30×3=90BTCまでいけますが)寄付して、月々の不労所得54万円を頂戴することです(笑)

ご自分で登録される猛者の方は下記から

登録したいけどわからない、聞きたいことがある
そんな方は下記まで、またはページ下部のPC版のお問い合わせフォームよりメール下さればサポート致します。

bitregion_info@yahoo.co.jp


こちらのアプリ経由でもサポート、メッセージ受け付けております。無料ですので、連絡手段として使って下さい。