MRbitの日記〜ビットコインで資産構築〜

暗号通貨やネットビジネス、副業的な話までwin-winな情報を公開出来るよう努めます

暗号通貨とは

暗号通貨(あんごうつうか)とは、暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をする仮想通貨である。暗号通貨は代替通貨のひとつであり、特にデジタル通貨のひとつでもある。2009年にはビットコインが初めての分散化された暗号通貨として登場した。それ以来、数多の暗号通貨が作られてきた。それらの呼称には bitcoin alternativeビットコインの代替)から来る造語の altcoins(オルトコイン)がよく用いられる。

wikipediaより引用】

ビットコインと聞くと、多くの人が怪しいものと認識して、警戒します。

おそらく、過去のマウントゴックス事件や、詐欺的なオルトコインとビットコインを混同して、
ビットコインなんて怪しい』
そう認識するのではないでしょうか。

でも実はこの暗号通貨などのデジタル通貨は、おそらくあなたも毎日のように使っているものだと知っていますか?

ETCカードauユーザーであればau walletなど身近に感じられるのではないでしょうか?それらもデジタル通貨です。

暗号通貨は偽造されないように暗号化したデジタル通貨です。例えばプリペイドカードを落としたりした場合、他人が使うことが勝手に使うことが出来てしまいますが、暗号通貨の場合、ネット上の仮想空間の中にデータとして残っているだけなので、落としてしまうこともありません。

そして、世界中で認められてきているので、どこにいても暗号通貨で支払いが出来、実際の現金に変えることも出来ます。

日本でも公共料金の支払いが暗号通貨のビットコインで出来るようになるなど、流れは完全に出来上がってきています。

池上彰さんの番組をみて頂ければ理解しやすいかもしれませんね。
[m.youtube.com/watch?v=MACC_Q43Oio:title]

みんなが怪しいと言っている今こそチャンスで、結果は後々ついてくると思っています。

ビットコインを増やすならこちら↓

お気軽にお問い合わせ下さい!